目の下のクマに漢方の効果はどんな感じなのか?

漢方では昔から目の下のクマは血の流れが悪くなることが原因であると考えられ、血流の悪化を改善するための治療が行われていました。

 

漢方では人間の身体は「気、血、水」の3つの要素で構成されていると考えられています。

人間の体が健康で正常な状態の時はこれらの3つの要素がそれぞれバランスが取れている状態にあるのですが、過労や睡眠不足、食生活の乱れなどによりこれらのバランスが崩れると、目の下のクマなどの症状となって現れます。

 

漢方では目の下のクマはこの人間の身体を構成する三要素のうち血の不足した状態であるお血(おけつ)が原因で会うとされています。

 

従って漢方で目の下のクマを解消する場合にはこのお血を改善する漢方薬で血流を良くする治療を行なうことになります。

 

まずは漢方の専門家に相談


目の下のクマを漢方で解消することは可能で、その効果も期待できます。

 

しかしいくら漢方が効くと言っても、目の下のクマにはこれを飲めば良いと言うような簡単なことではありません。

 

なぜなら漢方では目の下のクマの原因が血流の悪化にあるとされていても、その血流の悪化の原因が何なのか分からなければ、適切な漢方薬の処方が出来ないからです。

 

したがって、目の下のクマの解消に漢方の効果を利用する場合には漢方の専門医の診断を受けたり、信頼できる漢方の専門家のカウンセリングを受ける必要があります。

 

自分で勝手に目の下のクマにはこの漢方薬が聞きそうだと判断して、飲み始めても効果が期待できないばかりか、最悪の場合症状が悪化することも考えられます。

 

目の下のクマに効果のある漢方の利用の仕方としては、まず漢方医や漢方の専門家に、目の下のクマが出来たことだけではなく、どのような状態に症状が軽くなったり、ひどくなったりするのか、また目の下のクマ以外の症状や日常生活の状態、ストレスや疲れなどについて幅広く説明して、総合的な診断をしてもらいます。

 

このようにして初めて目の下のクマに効果のある適切な漢方薬を処方してもらうことができます。

 

漢方を利用する時に忘れてはいけないこと


なお漢方薬は基本的に天然の素材を使用した生薬なので、一般の薬品のような副作用の心配はあまりしなくていいのですが、個人の体質によってはなんらかの副作用が生じる場合があります。

 

また妊娠中など通常より身体の状態がデリケートな場合には特に注意が必要です。

 

従って漢方薬を効果的に服用するためには、飲み方についても漢方医、漢方の専門家などの説明に従って正しい飲み方をすることが大切です。