子供にできる目の下のクマの原因は何?

目の下のクマ,子供

目の下のクマは大人だけにできるものと思われがちです。

 

しかし稀に目の下のクマができてしまう子供もいます。

 

子供は大人と違って睡眠不足などで目の下がクマができることはあまり無いはずです。

 

大人の目の下のクマの原因は睡眠不足やストレスが原因ですが、毎日きちんと睡眠をとらしている子供にもクマができてしまうと何かと心配ですよね。

 

そこでどうして子供の目の下にクマができるのか、その原因について調べてみました。

 

子供の目の下にクマが出来る原因

目の下のクマ,子供

鉄分不足による貧血によるもの

 

子供の目の下のクマができる原因はいくつかありますが、その中で代表的なのが貧血です。

 

子供の貧血は鉄分が不足しているときに生じます。

 

毎日きちんと栄養に気をつけて食事をさせていても貧血になってしまうこともあります。

 

特に外でよく遊ぶ子供などは活発すぎて鉄分が不足した状態になってしまうことがあります。

 

貧血が原因の目の下のクマの解消方法には鉄分の多い食事をとることです。

 

アレルギーが原因のもの

 

またアレルギーが原因の場合もあります。

 

アレルギーによる目の下のクマを防ぐためには、常に子供の顔注意深く観察して、どのようなものを食べさせたら目の下のクマができてしまうのか常に確認していることが大切です。

 

生まれつきの体質によるもの

 

目の下のクマは年齢に関係なく、生まれつきの体質で出来やすい人もいます。

 

特に肌の白い人は目の下のクマができやすいです。

 

生まれつき目の下のクマのできやすい人の目の下のクマの原因は、内部の組織が外に透けてしまうことです。

 

また、目の下の皮膚の内側の部分が薄い人も子供の頃から目の下のクマができやすいです。

 

眼輪筋の働きが弱いことによるもの

 

子供の目の下のクマが出来やすい理由として考えるのが考えられるのが、 眼輪がしっかり働いていないことです。

 

眼輪筋 とは目の周りにある筋肉ですが、この筋肉を上手に動かすことはできないとその周りの毛細血管が血行不良になってしまいます。

 

筋肉を動かす時には収縮を繰り返すのですが、その時筋肉中にある静脈血が毛細血管を通って静脈に押し出されます。

 

この時に 眼輪筋 が上手に働かないと静脈血が 毛細血管 の中で滞ってしまい血行不良となります。

 

そしてそのとどまってしまった静脈血が 毛細血管 からにじみ出て内出血のような痣になり、これが目の下のクマとして見えてしまいます。

 

このような眼輪筋による目の下のくまを解消するには眼輪筋の筋トレを行うのが非常に有効です。

 

眼輪筋の筋トレは非常に簡単で、まぶたを5秒間ずつ。強く開いたり閉じたりしてそれを5回連続繰り返します。

 

次に遠くを5秒間見つめてから鼻先を寄りも目で5秒間見つける見つめることも5回ずつ繰り返します。

 

この2つのトレーニングを行うことによって、眼輪筋の動きが良くなって目の下のくまを解消することができます。

 

子どもの目の下のクマに有効なアイキララ

目の下のクマ,子供
子どもの目の下のクマは、病気が原因の場合もあるので、できれば医師に見てもらうのが一番です。

 

しかしながら、目の下の皮膚が薄いなど生まれつきの体質が原因の場合もあります。

 

病院で病気が原因ではないと言われた場合などには、アイキララで目の下の皮膚のケアを行ってみると、症状が改善する可能性があります。

 

>>アイキララの詳細はこちら

 

なぜならアイキララには目の下の皮膚のコラーゲンの生成を促す成分が配合されているので、目の下の皮膚にハリと弾力が与えられて、目の下のクマが目立たなくなるからです。

 

基本的にアイキララは医薬品ではないので子どもでも使用することが可能です。

 

ただしアイキララを子どもに使用する場合には成分が効きすぎる可能性もあるので、最初は少なめの量から使い始めたり、念のために二の腕などの皮膚の薄い部分に事前に塗ってみることでパッチテストを行うことをおすすめします。

 

また子どもにアイキララを使用する場合には、目に入ったり、誤飲したりする可能性があるので、保護者の見ている場所で使用するようにしてください。

 

>>子どもの目の下のクマにも有効なアイキララの効果とは?