なぜパソコンやスマホで目の下のクマが?

目の下のクマ,パソコン,スマホ

目の下のクマができてしまう原因としてよくあるのがパソコンやスマホ長時間見続けることです。

 

特に仕事の関係で一日中パソコンの前に居なければならない人や、家にいるときにずっとスマホの画面を見続けているような人は目のクマができやすいです。

 

ではなぜパソコンやスマホを長時間見続けると目の下のクマができてしまうのでしょうか?

 

その原因の一つに、目を酷使してしまうことによる目の疲れがあります。

 

例えば一日中パソコンやスマホの画面をみているとどうしても目が疲れてしまいます。

 

目が疲れてしまうと目の周りにある毛細血管の血行がどんどん悪くなってしまいます。

 

そして目の周りの毛細血管の血行が悪くなると老廃物や疲労物質が溜まってしまって血管の中にとどまってしまいます。

 

すると毛細血管が濃い色で目立つようになってきます。

 

目の周りの皮膚は非常に薄いので老廃物で色の濃くなった毛細血管は簡単に皮膚の外側に透けてしまいます。

 

このようにして外側に黒く見えてしまった毛細血管が目の下のクマのように見えてしまいます。

 

これが目の疲れにより目の下のクマができてしまうメカニズムです。

 

パソコンで目の下のクマができるもう一つの原因

目の下のクマ,パソコン,スマホ

パソコンやスマホの画面を長時間見続ける事で目の下のクマができてしまう原因としてもう一つ考えられるのが、画面から出ているブルーライトです。

 

パソコンやスマホの画面から発するブルーライトは紫外線に非常に近い波長を持つ光線です。

 

みなさんは外出するときなどに帽子をかぶったり日焼け止めクリームなど塗ったりして紫外線対策をしっかり行うと思います。

 

しかしながらブルーライトの対策を行っている人というのはあまりいないのではないでしょうか。

 

また、ブルーライトは紫外線同様に肌に良くないだけではなく、夜の睡眠にも悪い影響を及ぼします。

 

なぜならブルーライトは体内時計にも影響して本来ならば睡眠をとる時間帯になっても眠くならないなど大切な睡眠の妨げになるからです。

 

パソコンやスマホの画面を開きすぎてしまうと寝不足になることによって目の疲れも取れなくなり目の周りの血行も悪くなります。

 

このことが目の疲れと同様に青クマの原因となってしまうのです。

 

パソコンによる目の下のクマの予防法

目の下のクマ,パソコン,スマホ

パソコンやスマホの画面の見過ぎで出来てしまった目の下のクマの解消法ご紹介します。

 

目の下のクマを解消するためにはまず目の疲れをとることが大切です。

 

そのために簡単にできることが遠くの景色を見ることです。

 

例えば電車に乗っている時などに遠くの景色を見ることでも目の疲れを軽減することができます。

 

その時に遠くの緑の部分を見ると更に良いでしょう。

 

パソコンやスマホによる目の下のクマの予防に有効なのはこまめに休憩をとることです。

 

パソコンで仕事をしている時でも、1時間に1回程度は画面から離れて休憩をして、目の疲れをとるようにしましょう。

 

この時に蒸しタオルなどを使って目の周辺を温めながら軽くマッサージするとより効果的です。

 

ブルーライト抑えるために、ブルーライトをカットするためのメガネをするのも有効です。

 

その他ブルーライトをカットする昨日のある保護フィルムを貼るのも良いでしょう。

 

パソコンやスマホによる目の下クマを改善には

 

パソコンやスマホによる目の下くまを改善する人はとにかくパソコンやスマホ見ないようにするのが1番効果的です。

 

しかしながら常に仕事でパソコンを作業をする人には無理な部分もあります。

 

パソコンやスマホを使用した時には使用して目の疲れを感じたら一定時間休憩をとる、ブルーライトをカットできる眼鏡を使用するするようにする等して、これ以上悪化させないことも大切です。

 

その上ですでに出来てしまった目の下のクマを解消するためには専用のアイクリームも有効です。

 

特に目の下のクマやたるみ専用のアイクリームであるアイキララはパソコンやスマホにより出来てしまった目の下のクマにも非常に有効なのでぜひ試してみてください。

 

 

>>目の下のクマへのアイキララの本当の効果とは?