目の下のたるみ解消,メイク 

 

目の下のたるみを上手に隠すメイクとは?

 

年齢よりも上に見られてしまう原因として一番に考えられるのは目元の老化です。

 

特に目の下のたるみは相手にあたえる印象が大きいです。

 

なぜなら目元は人間の顔の部分のなかでも一番目に付きやすい場所だからです。

 

逆に言えば目元が気にならなくなれば、それだけ見た目も若く見られる様になるということです。

 

そう入っても目元のたるみは今日からすぐに解消できると言うものではありません。

 

でもメイクで少しでも目元のたるみを目立たなくする方法ならあります。

 

しかもちょっと工夫するだけ効果的に目元のたるみが目立たないようにすることが出来るんです。

 

目の下のたるみを隠すメイクのコツ

目の下のたるみ解消,メイク 
目の下のたるみはコンシーラーを上手に使うことで隠すことができます。

 

この時に注意すべきポイントがいくつかあります。

 

目の下のたるみでできた影の部分にのみコンシーラーをのせる

目の下のたるみ解消,メイク 
目の下のたるみは、皮膚に凹凸による影によって目立ってしまっているので、まずは目の下を明るくして影を目立たなくする必要があります。

 

そのためにまず目の下の影になっている部分にコンシーラーをのせて、指で伸ばします。

 

この時間違っては行けないのが、目の下のたるみによって影になっている部分にのみコンシーラーをのせることです。

 

なぜならたるみ全体にのせてしまうとたるみそのものが目立ってしまうからです。

 

コンシーラーは薄く伸ばすようにのせる

 

コンシーラーの量に関してはあまり塗りすぎずに薄く少なめに塗って伸ばすようにすると良いでしょう。

 

なぜなら厚く塗ってしまうと、仕上がりが不自然になってしまうだけでなく、崩れやすくなってせっかく隠したたるみが逆に目立ってしまうからです。

 

コンシーラーの色は明るめを選ぶ

 

コンシーラーの色はベージュ系の明るめの色を選ぶと良いでしょう。

 

あまりに明るすぎると目立ってしまうので、肌より2トーンほど明るめの物を選ぶのがオススメです。

 

ファンデーションは薄くつけていく

 

コンシーラーの次はファンデーションをつけていきますが、この時にも薄くつけていくようにします。

 

パウダーファンデーションを柔らかなブラシでつけて行くと良いでしょう。

 

以上のことを気をつけるだけで、ずっとたるみが目立たないメイクになるはずなのでぜひ試してみてください。

 

メイクで隠すだけでないたるみ解消の裏技

目の下のたるみ解消,メイク 
目の下のたるみをメイクで上手に隠すことができてもこれだけでは根本的に解消したことにはなりません。

 

以前は目の下のたるみを取る良い方法が無かったのですが、今ではアイキララのような目の下のたるみを根本から解消できるアイクリームもあります。

 

普段はメイクで目の下のたるみを隠しながら、アイキララのようなアイクリームで少しずつたるみを解消して行くと良いでしょう。

 

>>アイキララの効果の詳細